言葉交わしの

最後の1行を

探すことをあきらめて

散歩にでかけました


うさぎにじっと見られたり

猫に道を訊かれたり

雲が砂っぽい風をよこしたり

するものだから


心も半分ぐらい

家に置いてくればよかった


軽く後悔しながら歩いておりました


桜もまだで

雪も散らつくこの季節

どうしても泣きたくなったり

どうしようもなく笑い転げたり


人はそんなふうに

上がったり下がったりしています


言葉交わしの人交わし

かけ違いの仲違い


春と上手にすれ違えれば

どんなに楽だろう


グレープフルーツみたいな

夕日と一緒に

それでも今日を帰ります