ミケとあたし〜トーザ・カロットの人々

いつもは

おじいちゃんと暮らしているミケ

自分のそばにいるのが

二本足の旅猫でも

三つ目の一族でも

心の隅っこに暗ぁい部屋を始終抱えた

少女でも

一向に気にする様子がありません


猫は

心地よい場所を見つけるのが大の得意で

その能力はご先祖さまから代々伝わっているのだと

聞きました


そのことを

ミケから直接教えてもらったわけではないけど

陽だまりや風の強すぎないところで

“開いて”いる姿は

幸せのかたまりそのもの

ちょっとやそっとの邪な思いなど

いつの間にか消えてしまいます


ミケは人の言葉を話さないけれど

きっと何もかもわかっているのだろうな


なでようと手を伸ばすと

しっぽがパタパタ動きました

あたしもミケのそばで大あくび

学校もやすみだし

お昼寝しちゃおうっと

おやすみなさい