ぼくと月〜トーザ・カロットの人々

寄り添った月たちを見ていると

ぼくのことを

孫にはどう説明したものか

いつも迷うんだよ


満ち欠けではない気象ごと

そんなことを記した古い文献はそうはない

雪だるまの満月が青く見える人間だって

そうはいない


まさか

自分の孫が雲予報士の

資質を持ちあわせているとはね


早くから君に引き合わせたのも

何か少しでも孫の役に立ちたくてね

窪みを捨てた変わり者でも

ここにいる意味があるのなら

そう思ったわけなんだが


雨は好きでも嫌いでもない

少しだけ寂しくなる

なに

ほんのいっときだけだ


忘れる

すぐにね