ぼくとミケ〜トーザ・カロットの人々

ミケのことは君も知っているね

言葉をよくよく解する猫で

孫がまだほんのおチビだった頃から懐いている


初めて出会った頃と変わらないミケのことを

あの子は不思議ともなんとも思ってないようだが

そんな動じない心持ちというのも

雲予報士には確かに向いているのだろう


ミケは

人の言葉を話さないし

君のように二つ足で生きることを

選んだわけではない


“猫が空を落とす”なんてどこふく風のミケに

すっかりぼくは夢中になった

猫だから旅の一つや二つもするだろう

それでも

空が騒がしい日はぼくか孫か

どちらかと一緒にいるのを好むようだ


そうだな

誰かの生まれ変わり

ぼくのよく知る魂が宿っている

そう思うのは簡単だが

そう信じるのは残酷でもあるからね


妻は妻

ミケはミケ

それでいい

それがいい


さあ

冷たい水をもう少しどうかね