ぼくと妻#1〜トーザ・カロットの人々

妻と出会ったのは

ぼくが窪みを捨てる決心をした次の日だった


星のはずれに

きみによく似た働き者の猫が営むカフェがあってね

ぼくのようなはぐれものでも

一向に気にもとめない

猫そっくりの店主なのさ


そのカフェで

“緋色のコーヒーをひとつくださいな”

洒落た注文をした

ミケそっくりの模様の旅猫がいてね


ふたりは恋に落ちた


とまあ

そんなわけなんだよ


ところできみは

なんでまたそんなにまん丸な瞳になっているのかな