空は誰の真似もしない

空は誰の真似もしない

初めのときから終わりのときまで


canvasにみたてられ

不吉の種とされ

心奪う美しさをたたえ

怒りも

喜びも

底知れぬ孤独も

わたしたちはそこに見えると浅はかに信じて

何もかもをぶつけるのだ


空は誰の真似もしない

初めのときから終わりのときまで


自己欲求を数と模倣で満たしながら

やさしい分身を撒き散らすことも

感情の襞に溺れ

自己欺瞞の自覚もないまま

愚かに漂うこともない


空は誰の真似もしない

初めのときから終わりのときまで

いつか星に降りしきる

そのときまで