孫〜トーザ・カロットの人々

きみのおかげで

孫は雲予報士としてしっかり歩いている

毛糸はすぐにもつれさせてしまっていたが

気象ごとには昔から興味を持っている子だった


学校が終わったあと

いつの間にか遊びにくるようになって

そのうち

親といるよりも居心地がいい

なんて言い出して


そう

孫の親たちはネグレクトではなく

普通に愛情を注いでいたが

雲を数える資質は持たなかった

それで

岬の毛糸屋でこっそり相談したところ

うってつけの人物がいると

ぼくを紹介してもらったのではないだろうか


きみの耳がピクピクしているところをみると

案外

ぼくの想像も大はずれというわけではなさそうだ


わかってる

孫にも妻にも秘密にしておくよ


ミケにもね