烈夏の噂〜トーザ・カロットの人々

地に這う蝉も

彼らを弄ぶ猫らも

かき消す陽光

手持ち無沙汰に爪弾くスマホも

いまは黒々と落ちてしまった


夕涼みは今や秋の季語だと

子どもらに教える日がくると同時に

夏はいつしか懐かしすぎる言葉へ

昇華する


もっとも

かの青い星はそれを待ってはくれないだろうが


久しぶりに宇宙猫から仕入れた

星間の噂だ

あまり気にすることはない


猫そっくりの店主は

一瞬だけイカ耳になりましたが

すぐに真顔になって

ぼくの前にカップを置いてくれました


緋色のコーヒーです

お待たせいたしました

“おしまいのミルク”もいかがですか