水滴

後悔しないと決めたのは

大人になる少し前のこと

大嫌いな自分と向き合うことを

覚えた頃のこと


不完全さを否定せず

全きを求め続ける方法を

模索していた頃のこと


まだ

体内に蠢く嫉妬の澱を

持て余していた夏の日々


潰れたペットボトルにへばりつく

水滴のように